ネット古書店「古書じんや」の日々

信州は佐久市で営むインターネット古書店・店主の日々あれこれ。

★ひたすら水上勉、文庫の表紙画像を並べてみる――登録品のご案内。

本を売りたい(買取案内)→「★古い本お売りください。買取相談受付中!」

本を買いたい→「「古書じんや」で本を買う時は」

 

★ ☆ ★ ☆

 

当店の在庫でいちばんタイトル数の多い作家は水上勉です。単行本も新書も文庫もありますが、このエントリでは文庫の表紙画像をあげたツイートを並べてみたいと思います。ツイートの中でも述べていますが、仮にいまどきのライトノベルライトノベルに倣ったような文庫の表紙デザインやビジュアルが目立つ棚に陳列したら、シブすぎてかえって目立つかもしれません。

内容じたいは、47歳の店主にとっては、いま読んでもけっして古びていないものが多いと感じられますが、いまふつうに書店に並んでいる現代を舞台にした小説に慣れ親しんでいる若い人たちには、時代的な背景などの予備知識をいっさい持たずに読むのは、小説の世界観をとらえづらく、例えば小説のヒロインなどキャラクターたちに感情移入するのも、ちょっと難しいところもあるかもしれませんね*1……

 

★ ☆ ★ ☆

 

ついでにといってはなんですが、吉村昭の短篇小説が好きで、何冊も読んできました(歴史小説はほとんど読んでいませんが)。

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただければランキングサイトに飛び、

ポイントが加算され、「古書じんや」の認知度アップにつながります。ご協力お願いいたします。

    

*1:個人的な好みのことを言えば、水上勉の「語り」の文体に惹かれて買い集めていたのでした。

★本日のヤフオク!出品など――初めてのツイログ貼付け

本を売りたい→「★古い本お売りください。買取相談受付中!」

本を買いたい→「「古書じんや」で本を買う時は」

▼ ▼ ▼ ▼

出来るだけ記録を残したいし、手を変え品を変えての宣伝活動もしたいと思いつつも、そんなに手間をかけたくもないという横着な気持ちもあり……もしやこんなことが出来るのでは?――とやってみたら出来たので以下はツイログからコピペしたデータです。インスタのコメントが全部表示されないので、ちょっとでもご興味を持たれたらリンクへ飛んでいただけたら、と願っております。

 ▼ ▼ ▼ ▼

ヤフオク!に出品。 #尾崎一雄 #岩波文庫 #「暢気眼鏡・虫のいろいろ」 の巻末に新潮文庫「暢気眼鏡」収録の短篇「こおろぎ」を切り貼りした(旧蔵者が、です)もの。はみ出しもなく、外から見てもまっ… www.instagram.com/p/BVjlsatDKsF/

posted at 18:22:00

posted at 10:24:21

ヤフオク!に出品。 #作家の秘密 サガンヘミングウェイ、フォークナー、他計14人の作家のインタビュー #辻邦生、他訳 #ネット古書店 #古本買取 @ Saku, Nagano www.instagram.com/p/BViumKQD1Nu/

posted at 10:16:55

posted at 18:58:44

ヤフオク!に出品。 #水上勉 #新版 雁の寺(全) #サイン入り @ Saku, Nagano www.instagram.com/p/BVhE21ejTvs/

posted at 18:52:57

▲ ▲ ▲ ▲

すべての出品をインスタに挙げているわけではないので、ちょっとでもご興味があればヤフオク!のほうも覗いていただければと思います。今後、買取できた本の中でもホームページのカテゴリーには収まり切れないジャンルの本を中心にヤフオク!に出品していく予定です。

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただければランキングサイトに飛び、

ポイントが加算され、「古書じんや」の認知度アップにつながります。ご協力お願いいたします。


にほんブログ村

☆「買取3つの方法」簡易版

 

★新たな読者・所蔵希望者に届けるために――

「古書じんや」では、以下3つの方法でお売りいただけます。

                               f:id:kosyo_jinya:20170619143106j:plain

※このエントリは、ほぼ「手順」のみの簡易版です。連絡先への直リンクも貼ってありません。各項目ごとにさらに説明を詳述したリンクへ飛んでいただければ幸いです。

 

宅配買取(←クリックで詳述版エントリへ)

1)メールまたは電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。

○お売りいただける本のジャンル・書名・著者名・冊数など分かる範囲で情報をお伝えください。メールに商品画像も添付していただければ目安金額をお伝えすることも可能。

○電話の場合は必ず発番号通知でお願いします。電話に出られなかった場合は折り返しますので必ずメッセージを残してください。

▼ ▼ ▼

2)空き段ボール箱などに、お売りいただける本を詰めてください。その際、「本人確認のできる免許証」のコピーや「振込先を記載した紙」も一緒に入れてください。

▼ ▼ ▼

3)宅配業者に集荷を依頼し、当店まで「着払い」で発送してください。

○当店が大口特別料金で利用できるゆうパック」にて送っていただければ査定金額を割増で計算します。

▼ ▼ ▼

4)本が当店に到着し、査定後に電話またはメールにて金額をお伝えします。

▼ ▼ ▼

5)査定金額にご満足いただければお客様の銀行口座に振り込みをします。振込手数料は当店で負担します。

※返却をご希望の場合は、大変申し訳ありませんが「着払い」での返送となります。

 

出張買取(←クリックで詳述版エントリへ)

原則として100冊以上から承ります。

1)メールまたは電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。

○お売りいただける本のジャンル・書名・著者名・冊数など分かる範囲で情報をお伝えください。メールに商品画像も添付していただければ目安金額をお伝えすることも可能。

○電話の場合は必ず発番号通知でお願いします。電話に出られなかった場合は折り返しますので必ずメッセージを残してください。

○出張可能地域は佐久市をはじめとする東信地域はもちろん、長野県全域を想定。ある程度の数量と内容がまとまれば遠方・他県でもご依頼をお受けします。

▼ ▼ ▼

2)お約束の日時に訪問し、お売りいただける本の査定をします。

▼ ▼ ▼

3)金額にご満足いただければ、書類に必要事項をご記入いただき、その場で現金でお支払いいたします。

 

持込買取(←クリックで詳述版エントリへ)

書庫兼事務所兼買取受付所へのお持ち込みの場合は予約が必要です。

また内容次第で最大限の割増をします。ふだん店主は自宅で作業をしているため、ふいにお訪ねになられても不在です。お支払いするお金を準備する必要もあります。

1)メールまたは電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。

○お売りいただける本のジャンル・書名・著者名・冊数など分かる範囲で情報をお伝えください。メールに商品画像も添付していただければ目安金額をお伝えすることも可能。

▼ ▼ ▼

2)その場で査定を開始します。

▼ ▼ ▼

3)金額にご満足いただければ、書類に必要事項をご記入いただき、その場で現金でお支払します。

 

■お売りいただけないもの―― ブリタニカなどの百科事典。使い込まれた辞典・辞書類。 週刊誌や総合月刊誌・コミック誌(年代・内容次第ではお値段をおつけできるものが ありますが、当店の得意分野ではありません)。 発行部数の多かった日本(世界)文学全集などの全集。 ※ものによっては買い取れる全集もあります。個人の全集はOKです。 水濡れ、切り抜きなど著しく保存状態が悪いもの。 但し、古い本で、その状態でも欲しいという人がいる本は迷わずお値段をつけます。 ※刊行が新しい本でも買取可能ですが、いわゆる新古書店さんに売られたほうが 金額は高くなると思います。 ※当面は買い取らないもの――バラのコミックやバラの全集、数年前のベストセラー本 など新古書店でも買い取りしてくれそうな本。

■ご用意いただくもの―― 古物営業法に基づき、お客様の本人確認書類(免許証、保険証、パスポート等) が必要になります。買取金額が1万円以上ならばどの買取方法でも必須です。 宅配買取では金額のいかんにかかわらず必要ですので商品と一緒にコピーをお送りください。

☆買取3つの方法 ③持込買取

                      f:id:kosyo_jinya:20170619120350j:plain

 
③持込買取について――
書庫兼事務所兼買取受付所へのお持ち込みの場合は、内容次第で最大限の割増を検討します。
予約が必要です。ふだん店主は自宅で作業をしているため、ふいにお訪ねになられても不在です。お支払いするお金を準備する必要もあります。
また、付近は住宅地のため、短時間のうちに何件もの持ち込みを受け付けるのは控えたいと考えています。
※お手数ですが電話番号はホームページの「買取のご案内」欄でお確かめください
1)メール(kosyo_jinya@yahoo.co.jp ※@マークを半角に変換)または電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。

○お持ち込みいただくご希望の日時はもちろん、本のジャンル、書名、著者名、冊数など、分かる範囲でお伝えいただくと事前の打ち合わせはスムーズに進みます。
○メールの場合、商品画像も添付して送っていただければ、ある程度の目安金額をお伝えすることも可能です。
 
▼ ▼ ▼
 
2)その場で査定を開始します。
○6月現在、お待ちいただく応接スペースなどの準備がまだ整っていません。査定にかかるおおよその時間をお伝えしますので、その間、お買い物など他のご予定を済ませてから再訪されてもかまいません。
 
▼ ▼ ▼
 
3)金額にご満足いただければ、書類に必要事項をご記入いただき、その場で現金でお支払いいたします。
○充分な金額を用意してお待ちしておりますが、想定以上の金額になった場合、平日であれば追加のお金を用意する時間お待ちいただくか、後日お客様の口座に振り込みさせていただきます。それを避けるためにも、なるべく事前に出来るだけの打ち合わせをさせていただけたらと思います。
※繰り返しますが必ず予約が必要です。

■お売りいただけないもの――
ブリタニカなどの百科事典。使い込まれた辞典・辞書類。
週刊誌や総合月刊誌・コミック誌(年代・内容次第ではお値段をおつけできるものが
ありますが、当店の得意分野ではありません)。
発行部数の多かった日本(世界)文学全集などの全集。
※ものによっては買い取れる全集もあります。個人の全集はOKです。
水濡れ、切り抜きなど著しく保存状態が悪いもの。
但し、古い本で、その状態でも欲しいという人がいる本は迷わずお値段をつけます。
※刊行が新しい本でも買取可能ですが、いわゆる新古書店さんに売られたほうが
金額は高くなると思います。
※当面は買い取らないもの――バラのコミックやバラの全集、数年前のベストセラー本
など新古書店でも買い取りしてくれそうな本。
 
■ご用意いただくもの――
古物営業法に基づき、お客様の本人確認書類(免許証、保険証、パスポート等)
が必要になります。買取金額が1万円以上ならばどの買取方法でも必須です。
宅配買取では金額のいかんにかかわらず必要ですので商品と一緒にコピーをお送りください。

☆買取3つの方法 ②出張買取

②出張買取について――
原則として100冊以上から承ります。
店主がご自宅を訪問し、原則としてその場で査定、お支払いをします。
 
1)メール(kosyo_jinya@yahoo.co.jp ※@マークを半角に変換)または電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。
※お手数ですが電話番号はホームページの「買取のご案内」欄でお確かめください
○お売りいただける本のジャンル、書名、著者名、冊数など、分かる範囲でお伝えいただくと事前の打ち合わせはスムーズに進みます。
○メールの場合、商品画像も添付して送っていただければ、ある程度の目安金額をお伝えすることも可能です。
○電話の場合は必ず発番号通知でお願いします。電話に出られなかった場合は折り返しますので必ずメッセージを残してください。
出張可能地域は佐久市をはじめとする東信地域はもちろん、長野県全域を想定しています。ある程度の数量と内容がまとまれば遠方・他県でもご依頼をお受けします。
○内容・量・地域によっては他の「スーパー源氏」参加店舗を紹介させていただく場合もあります。
 
▼ ▼ ▼
 
2)お約束の日時に訪問し、お売りいただける本の査定をします。
○本を分類したり整理したりするため、ひろげられる場所があれぱ助かります。
 
▼ ▼ ▼
 
3)金額にご満足いただければ、書類に必要事項をご記入いただき、その場で現金でお支払いいたします。
 
○想定以上の金額になった場合、後日お客様の口座に振り込みさせていただきます。
○時間の余裕がない、ひろげられる場所がないなど、場合によって、お許しいただければ当店の書庫兼事務所件買取受付所まで持ち帰らせていだきます。査定ののち、電話またはメールにてご連絡さしてあげ、金額にご納得いただければ銀行振り込みにて査定金額をお支払いします。
※返却をご希望の場合は、その都度ご相談させていだきます。
 
★重要★誠に申し訳ございませんが、拝見した本のうち、お値段のつかなかった本は原則としてお引き取りしません。あくまでも、その本を読みたい、欲しいという新たな読者、所蔵希望者へお届けすることを優先したいと考えています。処分や片付けという名目でお引き取りしたい気持ちはあるのですが、経費等を考慮すると、優先させたいこともかなえられなくなります。今後、当店の事業の進み方次第では処分・片付ニーズにもお応えできるようにしていくつもりです。
 
■お売りいただけないもの――
ブリタニカなどの百科事典。使い込まれた辞典・辞書類。
週刊誌や総合月刊誌・コミック誌(年代・内容次第ではお値段をおつけできるものが
ありますが、当店の得意分野ではありません)。
発行部数の多かった日本(世界)文学全集などの全集。
※ものによっては買い取れる全集もあります。個人の全集はOKです。
水濡れ、切り抜きなど著しく保存状態が悪いもの。
但し、古い本で、その状態でも欲しいという人がいる本は迷わずお値段をつけます。
※刊行が新しい本でも買取可能ですが、いわゆる新古書店さんに売られたほうが
金額は高くなると思います。
※当面は買い取らないもの――バラのコミックやバラの全集、数年前のベストセラー本
など新古書店でも買い取りしてくれそうな本。
 
■ご用意いただくもの――
古物営業法に基づき、お客様の本人確認書類(免許証、保険証、パスポート等)
が必要になります。買取金額が1万円以上ならばどの買取方法でも必須です。
宅配買取では金額のいかんにかかわらず必要ですので商品と一緒にコピーをお送りください。

                             f:id:kosyo_jinya:20170619092129j:plain

☆買取3つの方法 ①宅配買取

①宅配買取について――
佐久市から遠方にお住いの方、仕事などで家にいる時間が少ない、本を売りたいけれど他人に家にあがりこまれるのはちょっと不安……といった方に多くご利用いただければと考えております。
 
1)メール(kosyo_jinya@yahoo.co.jp ※@マークを半角に変換)または電話またはホームページの「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。
※お手数ですが電話番号はホームページの「買取のご案内」欄でお確かめください。
○お売りいただける本のジャンル、書名、著者名、冊数など、分かる範囲でお伝えいただくと事前の打ち合わせはスムーズに進みます。
○メールの場合、商品画像も添付して送っていただければ、ある程度の目安金額をお伝えすることも可能です。
○電話の場合は必ず発番号通知でお願いします。電話に出られなかった場合は折り返しますので必ずメッセージを残してください。
 
▼ ▼ ▼
 
2)空き段ボール箱などに、お売りいただける本を詰めてください。
その際、「本人確認のできる免許証」のコピーや「振込先を記載した紙」も一緒に入れ、梱包してください。
 
○隙間に丸めた新聞紙その他緩衝材の代わりになるものを詰めていただければ運搬中の衝撃等で本を傷めてしまうことを防げます。
 
▼ ▼ ▼
 
3)宅配業者に集荷を依頼し、当店まで「着払い」で発送してください。

f:id:kosyo_jinya:20170619091654j:plain

○どちらの業者さんでも構いませんが、当店が大口特別料金で利用できる
ゆうパック」にて送っていただければ査定金額を割増で計算します。
 
▼ ▼ ▼
 
4)本が当店に到着し、査定後に電話またはメールにて金額をお伝えします。

○原則として到着順に査定を行ないます。時季によってご依頼が重なる場合がありえます。その場合は何日後までに、となるべくご連絡します。
 
▼ ▼ ▼
 
5)査定金額にご満足いただければお客様の銀行口座に振り込みをします。振込手数料は当店で負担します。
 
○ご希望があれば「計算書」のデータをメールの添付ファイルでお送りします。
返却をご希望の場合は、大変申し訳ありませんが「着払い」での返送となります。
 

                               f:id:kosyo_jinya:20170619092129j:plain

 
■お売りいただけないもの――
ブリタニカなどの百科事典。使い込まれた辞典・辞書類。
週刊誌や総合月刊誌・コミック誌(年代・内容次第ではお値段をおつけできるものが
ありますが、当店の得意分野ではありません)。
発行部数の多かった日本(世界)文学全集などの全集。
※ものによっては買い取れる全集もあります。個人の全集はOKです。
水濡れ、切り抜きなど著しく保存状態が悪いもの。
但し、古い本で、その状態でも欲しいという人がいる本は迷わずお値段をつけます。
※刊行が新しい本でも買取可能ですが、いわゆる新古書店さんに売られたほうが
金額は高くなると思います。
※当面は買い取らないもの――バラのコミックやバラの全集、数年前のベストセラー本
など新古書店でも買い取りしてくれそうな本。
 
■ご用意いただくもの――
古物営業法に基づき、お客様の本人確認書類(免許証、保険証、パスポート等)
が必要になります。買取金額が1万円以上ならばどの買取方法でも必須です。
宅配買取では金額のいかんにかかわらず必要ですので本と一緒にコピーをお送りください。

★若松英輔氏の本も全部出してしまったし、古い雑誌にも手をつけた――昨日と今日の登録品から。

 本を売りたい★古い本お売りください。買取相談受付中!

 本を買いたい☆「古書じんや」で本を買う時は――お支払い方法のことなど。

 

 ☆ ★ ☆ ★

auctions.yahoo.co.jp 

                                          f:id:kosyo_jinya:20170613183154j:plain

 

品出しを優先して他の色んな事を後回しにしてきました。何より今はこの先の「買取」をどうするかを考えなくてはならないのですが、仕事ではなく私事でもそろそろあれこれ考えたり行動したりすべきことどもがあって、しばらくツイートもブログ更新も疎かになりがちになるかもしれません。ということで、昨日と今日の追加についてのツイートをまた貼っておきまする。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただければランキングサイトに飛び、

ポイントが加算され、「古書じんや」の認知度アップにつながります。ご協力お願いいたします。