ネット古書店「古書じんや」の日々

信州は佐久市で営むインターネット古書店・店主の日々あれこれ。

★丹羽文雄を憶えていますか?

 

「日本の文学」の棚に丹羽文雄の文庫と単行本を少しずつ追加しました。

 

f:id:kosyo_jinya:20170515150910j:plain

f:id:kosyo_jinya:20170515150936j:plain

▲上の画像の分が、今日登録した本。

 

果たして平成のこんにち、丹羽文雄という小説家を記憶している人は、どれ程いらっしゃるのでしょうか。そう思ってツイッターで検索したところ、読んでいる人がいました。良かった。

f:id:kosyo_jinya:20170515151054j:plain

▲こちらは以前に登録してある丹羽文雄の本。

 

例えば、このエントリに眼をとめて下さったあなたが、いま47歳の店主と同じくらいか、もうちょっと上の年齢の方なら、もう少し先を読んでください。

あなたのお父さんかお母さんが今も、あるいはかつて読書好き、本好きであったなら、きっと丹羽文雄という名前を憶えているどころか、たぶん一冊くらいは読んだことがあるのではないでしょうか。丹羽文雄はさかんに新聞小説を書いていましたから、本は買わずとも、紙面でかれの文章にふれたことがある人は多かったと思います。

 ※

当店では、かつて読んだきりしまいこまれている本が、まだどこかにきっと眠っているにちがいない、と推測しています。押し入れや倉庫に、新古書店にも、古本屋にも売られずに残っている本は、ありませんか。上の画像のような状態であれば、新古書店ではなかなか買い取ってもらえないでしょう――でも、当店では買い取ります。

あなたや、あなたの身近な方で、お父さんやお母さんがむかし読んだ本を保管している、捨てられずにとってある、という人がいたら、ぜひ当店を紹介してください。

 

ホームページへGO→長野県佐久市のネット古書店「古書じんや」

 

 

読みたい本、お探しの本がある、という場合、
ホームページ画面の左下にある“◆古書じんや 店舗内サーチエンジン”の検索窓に

著者名or本のタイトルを入れて検索してみましょう。
その他の作家、またはお探しの本があれば、とりあえず検索してみましょう。
お探しの本が当店に在庫がなければ、その下の「スーパー源氏」バナーをクリック!

 

「古書じんや」と「スーパー源氏」へは、このブログのサイドバー(→)にもリンクが貼ってあります。

 

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


人気ブログランキング