ネット古書店「古書じんや」の日々

信州は佐久市で営むインターネット古書店・店主の日々あれこれ。

★文学は売れない、というけれど。

 

今日の追加登録は店主が所用のため外出していたので、「日本の文学」と「美術・芸術」の棚に数点ずつに留まりました。画像も以下のものだけです。

 

f:id:kosyo_jinya:20170516213131j:plain

さて、今回のタイトルの件で、現在の店主の考えを述べたいと思います。

ある地方の古書店さんと、東京のある古書店さんの店頭で、その店のご主人とお客さんとの会話に耳にとめました。そのお客さん(それぞれ年配の男性と女性です)は、自分の家にも若い頃に読んだ、この店においてある小説などの文学書がたくさんあるのだが、買取してもらえるのだろうか、だいたい一冊いかほどの値段になるのか――

はい、そうです。それぞれのご主人は直接的な表現で買取を断るような返答はなさいませんでしたが、それぞれ似たような表現で、遠回しに、ご期待にそえないであろうということを述べられました。「ここでこうして売ってはいるが実際のところ文学は売れないのだ」と。保存状態の良い初版本とか、よほどの稀覯本とか、貴重な文献でもないかぎり、買取値段はまとめて幾らといった感じになってしまうだろう……と。

当店のようなネット古書店のブログをご覧になる方なら想像できたり当然のごとくご承知のことでしょう。確かに、売れない。「古書じんや」も、こうして開業したはいいけれど、登録したそばから売れていくようではないのです。

開業時の在庫は店主の所蔵品だとは以前のエントリでも述べましたが、これから残りの文庫などを登録して区切りがつけば、「スーパー源氏」以外のA……とかY……とかへの出品も開始する予定です。そうすれば多少、動きも出てくるでしょうが、開業後の売れ行きは想像通りでした。もっと他に、少なくとも「文学」よりは売れるはずのジャンルは知っています。

それでも、店主は何よりもまず好きな「文学」――小説や詩や批評といったジャンルの本を優先して扱っていきたいと考えています(あと、実は古本屋めぐり以上に美術館を見てまわるのも好きなので、図録とか画家や作品を紹介する本も)。好きだから、という理由以上に、それらを求めている、読みたい、欲しいという人が、少ないかもしれないけれど、確実に存在していることを知っているし、まだ潜在してもいるとも考えているからです。

読者も潜在しているし、実はまだ日の目を見ていない、地方の家の押し入れや倉庫や土蔵に仕舞われたきりになっている本が、たくさんあるに違いないと想像しています。

えっ、じゃあ「古書じんや」さんでは、他よりも高い金額で買取してくれるのですか、と問われそうです。正直に言えば、そうでもない、たぶん、他の古書店さんと大して変わらないでしょう。それでも、「文学は売れない」と思って買取する古書店に売るよりも、「読みたい、欲しいと思う人に届けたい」という気持ちをもって買取する古書店に売るほうが、気分はよくないですか?

 ※

繰り返します。

当店では、かつて読んだきりしまいこまれている本が、まだどこかにきっと眠っているにちがいない、と推測しています。押し入れや倉庫に、新古書店にも、古本屋にも売られずに残っている本は、ありませんか。カバーや函が変色したり破れていたりすれば新古書店ではなかなか買い取ってもらえないでしょう――程度にもよりますが、当店では買い取ります。

あなたや、あなたの身近な方で、お父さんやお母さんがむかし読んだ本を保管している、捨てられずにとってある、という人がいたら、ぜひ当店を紹介してください。

 

ホームページへGO→長野県佐久市のネット古書店「古書じんや」

 

 

読みたい本、お探しの本がある、という場合、
ホームページ画面の左下にある“◆古書じんや 店舗内サーチエンジン”の検索窓に

著者名or本のタイトルを入れて検索してみましょう。
その他の作家、またはお探しの本があれば、とりあえず検索してみましょう。
お探しの本が当店に在庫がなければ、その下の「スーパー源氏」バナーをクリック!

 

「古書じんや」と「スーパー源氏」へは、このブログのサイドバー(→)にもリンクが貼ってあります。

 

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村


人気ブログランキング