ネット古書店「古書じんや」の日々

信州は佐久市で営むインターネット古書店・店主の日々あれこれ。

★文庫が多すぎる。

【5月23日早朝に追記】待機中の175点のデータ、ようやくアップできました。お騒がせしました。「日本の文学」「外国の文学」の棚が増量しています。

 

 ★ ★ ★

 

今日は、レイモンド・チャンドラーレックス・スタウトの文庫の登録データの作成を行ないました。まだ棚への登録は出来ていません。

 

f:id:kosyo_jinya:20170521181238j:plain

 

過日の「スーパー源氏」のサーバーメンテナンスの後、どこかに不具合が出ているようです。他の先輩参加古書店さんは実店舗を持っていたり、独自のカートシステムをもっていたり、AやYへの出品をしていたりとか、影響は少ないと思われますが、当店はまだひよっこで、オンブさせてもらっている状況です。気長に復旧を待ちます。

正直に言えば「スーパー源氏」への参加もホームページの原型も先行して出来てしまったので注文を受け付け出来る状態にしてしまい、つまり見切り発車的仮オープンのようなかたちでスタートしてしまったのですが、まだまだ店主の蔵書から商品にするためのデータ作成が追いついていません。1日100点できればいいほうです。モノによっては新古書店の値札シールを剥がしたり汚れを拭き取ったりキレているところを補修したりといった作業もあります。それにしても、文庫が多すぎる*1

で――今後ですが、これを機に、ますます「売る」ための手立てを実行していかなくては、と考えるようになりました。以前のエントリでも述べた通り、手元の本のデータ化のめどがついたらAやYへの出品も始めます。また、「スーパー源氏」だけに頼らないかたちでネット販売していける仕組みを導入していくよう、いくつかの候補を挙げてあります。

何はともあれ、手元の本の商品化、値付け、データ作成をしていかなくては。

 

 ※

 

あなたの身近に、眠っている本は、ありませんか。

押し入れや倉庫に、新古書店にも、古本屋にも売られずに残っている本は、ありませんか。

カバーや函が変色したり破れていたりすれば、新古書店さんではなかなか買い取ってもらえないでしょう。これまでこのブログで紹介してきた本の画像の中には、背ヤケや変色やシミ、傷みといった状態のものが見えました。程度にもよりますが、当店では買い取ります。最低限、読書に耐えうるか状態か否かで判断します。

あなたや、あなたの身近な方で、そういえばお父さんやお母さんがむかし読んだ本を保管している、捨てられずにとってある、という人がいたら、ぜひ当店を紹介してください。

 

ホームページへGO→長野県佐久市のネット古書店「古書じんや」

 

 ※

 

読みたい本、お探しの本がある、という場合、
ホームページ画面の左下にある“◆古書じんや 店舗内サーチエンジン”の検索窓に著者名or本のタイトルを入れて検索してみましょう*2。お探しの本の在庫が当店になければ、その下の「スーパー源氏」バナーをクリック!

 

「古書じんや」と「スーパー源氏」へは、このブログのサイドバー(→)にもリンクが貼ってあります。

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただければランキングサイトに飛び、ポイントが加算され、「古書じんや」の認知度アップにつながります。ご協力お願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*1:気づかれなかったら悲しいので小さな声で言っておきますが、今日のタイトルは『料理長が多すぎる』を真似ました。ところでネロ・ウルフを、ご存知ですか?

*2:今後、ホームページの分類を再構築し、可能なかぎり棚を見るように探していただけるようにしたいと考えています。