ネット古書店「古書じんや」の日々

信州は佐久市で営むインターネット古書店・店主の日々あれこれ。

★大江健三郎の文庫、その他。

既報通り、今朝、データ作成したきり宙に浮いたようになっていた175点の追加登録が出来ました。そして今日は、以下の画像通りの内容でデータをつくり、なにごともなく棚に追加しました。やれやれ😥。

f:id:kosyo_jinya:20170523200530j:plain

f:id:kosyo_jinya:20170523200542j:plain

f:id:kosyo_jinya:20170523200551j:plain

ところで、このエントリをご覧になっている方で、富島健夫や芹沢光治良という作家を知っている、読んだことがある、という人は、どれくらいいるのでしょうね*1

 

 ★ ★ ★ 

 

ご存知の方も多いと思われますが、6月から郵便料金が改訂(値上げ)されて、当店も利用している「ゆうメール」料金も変更されます。例えば、画像にもある『大江健三郎自選短篇』(岩波文庫)のように3センチを超える厚さのものは確実に値上げになります。なので、もしお探しの本が厚いとか数があるという場合は、5月中に発送できるように注文しておいたほうがお買い得ですよ。

 

 ★ ★ ★ 

 

ようやく手元の在庫の登録作業に目途がついてきました。古本販売業なわけですから本来なら仕入れ(買取)を先行させるべきなのですが、店主一人で営んでいるし、資金も潤沢とは言えない(まるでお金がないわけでは当然ないです)し、性格が慎重*2なものですから、一つ一つ片付けていくほうがストレスがないと判断してしまったわけです。

実はデータ作成を進めながら、ホームページの買取のご案内欄の内容を、出張買取・宅配買取・持込買取の3種類に分けて説明する文章に変えるために文案を練っているところです。今月中には改訂して、改めて買取のアピールをするつもりです。すぐに動けないかもしれませんが、ご相談だけは現在も受け付けています。

 

 ★ ★ ★

 

あなたの身近に、眠っている本は、ありませんか。

押し入れや倉庫に、新古書店にも、古本屋にも売られずに残っている本は、ありませんか。

カバーや函が変色したり破れていたりすれば、新古書店さんではなかなか買い取ってもらえないでしょう。これまでこのブログで紹介してきた本の画像の中には、背ヤケや変色やシミ、傷みといった状態のものが見えました。程度にもよりますが、当店では買い取ります。最低限、読書に耐えうるか状態か否かで判断します。

あなたや、あなたの身近な方で、そういえばお父さんやお母さんがむかし読んだ本を保管している、捨てられずにとってある、という人がいたら、ぜひ当店を紹介してください。

 

ホームページへGO→長野県佐久市のネット古書店「古書じんや」

 

 ★ ★ ★

 

読みたい本、お探しの本がある、という場合、
ホームページ画面の左下にある“◆古書じんや 店舗内サーチエンジン”の検索窓に著者名or本のタイトルを入れて検索してみましょう*3。お探しの本の在庫が当店になければ、その下の「スーパー源氏」バナーをクリック!

 

「古書じんや」と「スーパー源氏」へは、このブログのサイドバー(→)にもリンクが貼ってあります。

 

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしていただければランキングサイトに飛び、ポイントが加算され、「古書じんや」の認知度アップにつながります。ご協力お願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

*1:他のサイトと比較しつつ値づけ作業をしていると、自分がかつて読んだり集めたりした作家たちの相場を見るにつけ、なんとなく浦島太郎になった気がしてくるのです……。

*2:不器用なので、いっぺんにあれもこれもと出来ませんし……。

*3:今後、ホームページの分類を再構築し、可能なかぎり棚を見るように探していただけるようにしたいと考えています。